fc2ブログ




第二十一話 美女と花粉 

評価:A-

 最近見る機会がなかったのでビデオに録ったモンを纏め見してみたのですが、巷の噂に違わず、この回辺りからは秀逸作品揃いです。
 
 (以下内容)
 久々に時間に余裕ができたということで牧は的矢所長を呼び出そうとするが、所長はノムと新宿の将棋センターに赴くとのこと。研究熱心な三沢も何処かへ出かけたということで仕方なく(?)牧はさおりとぶらつくことにする。。。
 
 う~ん,何処かで聞いた事がある曲だ・・・
 そうだ。『三百六十五歩のマーチ』だ。ここらへんでも当時の世相を感じさせられる。すれ違う人々が、今とは明らかに格好が違う。
 そして、とある喫茶店に入って御汁粉(当時は普通に置いてあったのか?)を飲むのかと思いきや否や・・・

 何たるグロテスク
 しかも目を見開いた儘、オープニングメロディーが流れ始めている。今じゃこんな描写、絶対あり得ません。

 かくしてお決まりの捜査が開始される。犯人が現場に残していったものは水と御絞り。その内、水はマスターが自ら飲み干してしまう。仕方なく牧らは御絞りを所に持って帰ってくることにした。
 迂闊にも御絞りに触れようとするノムに対して牧が「素手で触っちゃいかん!」と一喝。・・・しながらも、三沢に対しては顔の近くにまで御絞りを持っていく。果たして仲が悪かったかな、彼等は?
 
 そんなこんなをしている間に、又もや犠牲者が出てしまう。しかも今回は男性であるとの事。何とも高級官僚だか何だからしいが、マニキュアと口紅を付けているようだ。そんな男性達の内の一人が一言。
 ―――今や男性も化粧をする時代ですよ。マニキュアぐらい常識でしょ。
 そうでしたか。どうもこれは大変お見逸れ致しました。。。
 でも、如何しても男性が一時とは雖も化粧をしていたとは思えない。本当にコレが嘗ての常識だったのだろうか。まあでも今も男性が美容院に足繁く通っている状況等があることを考えれば強ち本当ではないとは言い切れないかもしれない。

 
 結局、色んなことがあって犯人は大山という女性であることに行き着きます。何とも殺人道具として用いた恐怖の御絞りは、とある熱帯植物の花粉とアルコールとを反応させて拵えたとの事。動機は自分(大山)の美しさを妬んだ若い女が硫酸を浴びせかけ火傷を負ったことへの怨恨から。
 
 自分だけがこんな辛い想いをしているのに何で他の若い女は幸せそうにしていられるのか―――
 
 確かに、「復讐」にしては余りにも大雑把で無差別的であったことからも度が過ぎていたという点については否み切れません。しかし、このような彼女の心情は、「美」というものを意識する人にとっては(それは男性をも含めて)少なからず同じような状況に立たされたなら、正に自らの「死」に等しいダメージを受けてしまうものなのではないでしょうか?そういうことを考えたら、同情できなくもないと考えてしまうところに恐ろしさがあります。
 
 美しく健康な肉体なんて迂闊に言っちゃいけないんだな―――
 美しいことは、美しい観念は、必ずその裏側に残酷な何かを持っているからね―――

 「美」とは一体何か?自分で意識するものか?それとも他人から付与されるものなのか?今回は大山自らが「自分の美しさを妬んだ若い女が…」と語っていることからも、多少自分から意識した面もあったのでしょうが、にしても体に火傷を負っただけで結婚ができなくなってしまうとは・・・。世の中、意識せずとも必ず何処かで「美」に振り回されているものなのだなと感ぜざるを得ません。

 今回は話の流れも分かりやすく、面白かったので評価は合格ラインの「A」とさせてもらいます。御絞りに花粉を忍ばすという手口もなかなか好かったですしね。

 そういえば、最後の大山が自殺する場面、顔を付けた部分から侵食せずに如何して内側から侵食しているんでしょう?まあ、そこら辺は目を瞑るとしても、そんな危険な花を事務所まで態々持ってきたことについてはもっと尚更意味が分かりません。運んでくる途中に一寸傾けただけでも大惨事です。
 しかもエンディングを見る限り、恐らく長時間シャッターを開けっぱにしてたのでしょうが、ぶんぶん花弁が動き捲っているじゃないですか!!危険極まりない!!!
 (2006年07月10日00時49分37秒記す)
[2006/07/10 00:49] 怪奇大作戦 | TB(0) | CM(0)

第二十話 殺人回路 

評価:B+

 最近なかなか書いていませんでしたので、此処らへんで纏めてと。何だかこのシリーズも後の方になるに連れ、なかなか見応えのある作品が多くなってきており、それなりに満足しております。
 
 正直、記憶が一寸遠のいているのですが、本作品はコンピュータ化する社会への一つの暗示が施されていたように覚えています。そして、それは一言で言えば「人の無機質化」だったのではないでしょうか。確かに、本作品を見てみれば分かります通り、製作されたのは今から凡そ40年前であり、ところどころ幾ら「コンピューター」とは雖も、現代と比べればその精緻度はかなり未熟であることが見て取れます。途中、プログラミングの四角や三角の図に戸惑いを隠しきれてなかったように、高度経済成長期の真っ只中にあった当時でも、かなり四苦八苦して修得されていったモノであったのだことが窺えます。
 尤も、これほどまでに齷齪と努力して開発してきたコンピューターであっても、果たして人間の生活,突き詰めれば人間そのものを豊かにしてきたのかと問われれば、疑問符が付くところも否定し切れないでしょう。
 確かに機械(コンピューター)は忘れる事もなく、裏切りもせず非常に従順です。正に「万能」なモノです。作品中でもノムラが「コンピューターをボーイフレンドにできたら良いのに」と言っていたように、実際に人と接するよりも遥かに自分の理想の型に近づけることが可能であると言いうるでしょう。しかし、そういった人間が完璧に支配していると思いきっているモノがある日突然、言う事を聞かなくなったらどうなるか―――。そういった局面に対しての「恐怖」といったものも本作品では“ダイアナ”を通じて示そうとしていたのではないかと思います。まあ、そうは言っても今回は純粋な意味での機械の叛逆ではなく、人間による作為も介在していたのではありますが、何れにせよ機械に「感情」を流入することが如何に危険であるかという点については変わりないでしょう。そのような事態が起こるとすることまでは大袈裟であるにしても、現在の「アキバ系」(飽くまでも抽象的な概念を指し示すものであり、特定するものではありません)という語が台頭してきた背景には「理想(=パーフェクト)な人間を追い求める」という幻想と、そのような幻想とはかけ離れた現実面でとの乖離が進んできたことがあるのではないでしょうか。所謂「メイド喫茶」でコスプレ姿を好む人々が存在するのも、そういった現実では満たされない、「理想(=幻想)」を追い求めたが故の現実逃避というわけです(ここである人曰く、“コスプレ”はコンピューターゲーム中での「理想」型のニンゲンに扮し、それを再現したものであるのだと)。果たして機械が人間化しているのか?それとも人間が機械化していっているのか?―――
 要するに生身の人間との意思疎通をはかることが現代、機械が台頭してきたことにより困難になっているのではないか。そして、それが機械化する社会に於ける弊害なのではないかということです。
 
 それともう一つ、興味深いことには、先ほどにも述べたとおり機械(コンピュータ)を代表するものに神話での「ダイアナ」を登場させていたことです。見目容は人間の姿をしながらも、決して人間的な感情を持たない「神」(勿論、西洋的な意味での)。「神」が無機質で機械的な存在であるならば、それと同時に当時に於いては機械(コンピュータ)を「神」的なものとしてある種の畏怖感を抱く傾向があったと言ったら言い過ぎでしょうか。それは「万能」と言う意味でも、「理想」と言う意味でも共通しています(人間の恣意によって如何様にでも解釈できるという意味では「従順」であるとも言い得ます)。作品の途中、イトウがコンピュータを扱う者はまるで宇宙人のようだと話している場面がありますが、そのことも通常人からしてみれば何か違和感があり、一種の「神」的な万能さなり畏怖感なりを感じていたことの表れではないでしょうか。

 
 さて、延々と話をし続け、かなり脱線してしまいましたが、これからは本作品についての表面的な評価を述べていこうと思います。
 まず率直に、何故ダイアナが人を殺せたのかがイマイチよく分かりません。最初のは単に心的なショック死であったとしても、次のはどうやって人を死に至らしめることができたのかは、私が作品を見ている限りはさっぱり分かりません。
 それと、ダイアナがどうやって油絵から出てきてそこら辺を自由に闊歩できているのかも、同じくさっぱり分かりません。絵が消える際に「0~9」までの乱数字が見えたので、若しかしたら現在のような2進法ではなく、もっと高度な10進法用いられていたのかもしれません。だとすれば当時の技術が今よりもかなり高度なものであったということか・・・。
 こういったよく分からない点があったため、取り上げるテーマそのものは良かったのですが、整合性という観点から合格ラインを下回る「B」と致しました。でもやはり、それでもなお語りかける場面については多かったように思いますので「+」は付けておきます。
 
 本作品では何と言うか、内容も去ることながら取り分け「古さ」が目立ちます。標札に書かれている文字が何と無く古めかしいのを始め、コンピュータといってもまだまだ現在のものと比べ非常に大きかったり・・・。でも、そんな中にあっても変わらないものは何か?・・・それが作品中でもあった通り「人間の心」であって欲しいものですね。
 そしてエンディング。明らかに的矢所長は明らかに昭和通りを見下ろした筈なのに何故か、全く違う風景になっています。果たして此処は何処を映したものなのでしょう?う~む・・・。私が思うに(飽くまで推測に過ぎませんが)最後の画像が止まったところで歌舞伎座らしいものが見えるので「築地」辺りを映したものなのではないでしょうか?地方都市では当時、こんなにビル群が立ち並んでいたとも思えませんし・・・。だとすれば今よりも、かなり民家が多かったのだということも窺えます。嘗てのそれよりも、より無機質的な都市化を遂げたとだけは言われなければ良いですね。
 (2006年06月19日21時48分33秒記す)
[2006/06/19 21:48] 怪奇大作戦 | TB(0) | CM(0)

第十九話 こうもり男 

評価:B

 嗚呼,またも書いている途中に消えてしまった・・・。というわけで今回は手短に。また後にでも見る機会があったら、その時にでも詳しく(?)書こうと思います。

 正直、格好悪いです。よもやバットマンじゃあるまいし。
 
 でもって、よくわかりません

 確かに、「119」という大隈さんの番号だか救急車だか分からない番号を書いたカードを態々置いていったり、敢えて祝うべき的矢所長の子の誕生日にしつこく蝙蝠を飛び交わせたり・・・と。おまけに的矢所長の生け葬式まで自費で開かせています。ここら辺見ていると、もっと直截にやれよ!と思ったりもします。
 でも、ラグビー場で金の入っていないアタッシュケースを蹴飛ばしてみせたり、敢えて毒殺させていないところから考えてみると、そんな単純なことではないようです。最後も的矢所長を車と共に圧死させようとしたことにも表れている通り、これだけ「じわじわ」と的矢所長を追い詰めさせていこうとした原因は、如何やら私怨を晴らすことにあったと思われます。
 何故これだけ複雑なトリックを駆使できるイワイが捕まったのかは不問に付するとしても、“私怨”というものは動もすれば、それは時として異常なカタチとなって現れてくるものなのだなということを思い知らされたような感じがします。しかし、その当の的矢所長は(一瞬ノイローゼにかかったかのような描写はあったにせよ)このような怨みを晴らすことによってどれだけ思いを変えようとする効果があったかは疑問ですし、要するに所詮は私怨は「私」怨であって、正に“自己満足”に過ぎないという思いを改めて抱き直させてくれます。
 そして、私怨を晴らす筈の結果が、私怨を向ける相手によって逆に殺されることになるとは・・・。しかも、恰も人に対してする防衛行為ではなく、何か厄介な動物を追い払うかのような扱い方によって。実に空しい幕引きです。
 誰もが日常抱く可能性のある“私怨”。しかし、こと本作品にあっては、その“私怨”に纏わる問題が最悪の結末となって現れたことを示すことによって、ある種複雑な様相を呈することに成功したと言い得るのではないでしょうか?
 あと、今回の終わり方、なかなか好い味が出ています。

 あれ?能く能く見てみれば文の流れが・・・。
 (2006年05月21日01時22分21秒記す)
[2006/05/21 01:22] 怪奇大作戦 | TB(0) | CM(0)

第十八話 死者がささやく 

評価:B+

 ある夫婦が旅行中にドザエモン(?)を発見する。やがてその溺死体が処理されたかと思いきや・・・。
 
 今回の演出は、全体を通じてかなり子供にとってトラウマになりそうな仕上がりであった。と言っても、田原が感じた通りのことを表現すれば実際にはあんな感じだったのかもしれない。見えない筈のものが見える・・・。誰しも恐慌状態に陥れば感じる可能性がないとは言い切れないものであろう。途中が飛び飛びで整合性がなかったのも、そう思えばなかなか巧く表現されているとも思える。

 当時のみならず、凡そ40年が経過した現代にあってもなお証拠の真実性を担保し得べき絶対的な信頼が置かれている指紋認証。本作品は、そんな一種科学をかませることによって更に本人を確定するのに唯一性・確実性を保証するのに成功しているかのような指紋制度に疑義を投げかける,という点では大変興味深いものであったと私自身は感じる。絶対的な認証方法であると信じて止まない指紋制度が覆されたとき、人は何を頼りに信じて行けば良いのか・・・。特に刑事事件ともなる重大な犯罪捜査にあっては、一つ間違えるだけでも大惨事を引き起こしかねない。今回のこのようなテーマは、そういった意味である種の絶対的なものに潜む脆さを露呈させたということに意義があったと言って良いだろう。
 それともう一点、本作品では「裏切り」や「嘘」といった点も鏤められていたという事が挙げられよう。先ほどの指紋認証に加え、偽の死者の声(ですよね?),偽の法律上の妻による背信等(中には町田警部が変装していたというシーンもありましたが、それもこの事を示唆するものではなかったでしょうか?)、人は何を基に信頼していけるのかという点について問い掛けられているような気がした。人は他者との信頼の下にこそ、その生活を成り立たせていくことができると言えようが、果たしてその絶対的なものの裏に潜むものとは何か?本当に人は軽々しく他人を信頼しても良いものなのだろうか?―――ある意味,考えただけでもぞっとする。
 最後の田原が死んだ妻を抱き続けたまま歩いていくシーンに至っても、そのような裏切りが妻によって為されたにも関わらず、依然として信じ切れていない,いやそんな事よりも本当に愛していたがための田原の振る舞いであったと見ればなかなか興味深い内容であったと言えるのではないだろうか?

 にしても、終盤のヤスコの新事実が発覚するシーン,どうしてもベタな刑事ドラマを見ているような感じがしてならない。大体鞄からテープだけが外に出るなんて事は考えられないし、第一落ちた拍子にスイッチが入ってしまうなんて到底あり得ない。ならば、最後に自殺し車が止まった拍子に鞄から「死者の囁き」が聞こえてくる。そしてその瞬間、真実を知った田原は愕然とするもなお最後まで妻を連れ添う・・・とした方が意味深だし、タイトルにもマッチしていて好いと思われるのですが・・・。
 再度、最後の田原が死者を抱き上げるというシーン。“死”から隔絶された現代の日本社会に於いては、なかなかこのような機会に出くわすことはありません。故に、ある種異様でインパクトが強く感じられたというのは私だけでしょうか・・・?
 (2006年05月11日17時53分04秒記す)
[2006/05/11 17:53] 怪奇大作戦 | TB(0) | CM(0)

第十七話 幻の死神 

評価:C

 えっ!これだけか・・・。何かこう2週間待っただけの甲斐がない。と言うより、これだけ流れの変わらない無味乾燥なストーリー展開もそうそうないだろう。
 第六話の「吸血地獄」でも同じ評価の「C」を付けたのですが、未だこっちの方が深刻さを帯びていた分、良かったかなと思う。でもジャガーよりかはマシだったか・・・。丁度、評価的には「C」と「C-」の中間といったところでしょうが、複雑になるので「C」ということで統一させてもらいます。
 
 う~む、何を書けば良いのか・・・。ちと内容すらも思い出せる部分が少ない程印象が薄い。前半部も終わらない内に「今日の見所はどこだろう」と感じ始め、仕舞いにはそっぽを向いていたりした時もありました。強いて言えば、見せ所は最初の死神が現れるところだったかな・・・。でもそれも、その死神に三沢と的矢所長がボートで突っ込んでからというもの「ああ、そうだろな」と興味が失せてしまったというのが実際です。
 そういえば、野村さんが髪を切ったように思いますね。でも・・・,これも40年前の話となると、こんなこと考えていても何か空しいような感じがします。と言うより、印象に残った点といったらこれ位しかなかったわけです。多分、今出したら他のチャンネルを変えてまでも見てくれる人はそういないだろうな・・・。尤も、私としては毎回のこのギャップの差が、昔のテレビ放送の味を出しているような気がして興味深いなというところではありますが(今なら直ぐにチャンネル変えちゃいますもんね)。

 何時もどおり、ラストで挽回してくれるのかなと思ったりもしてみましたが、特に大した示唆もなく終了。全26回分(今でこそ言えますが)の1話分を不意にしたなといった感じです。まあ敢えて申し上げますならば、昔から密輸団のバックには巨大な組織と金,切捨があったのだなということを知った程度です。今回の作品は他で手が回らず,手も無く拵えられた作品だったのかな?
 (2006年05月03日10時04分10秒記す)
[2006/05/03 10:04] 怪奇大作戦 | TB(0) | CM(0)